滋賀・京都など近畿各県で、廃棄物処理・リサイクルのニーズにお応えします

回収のご依頼・お問い合わせはネットより24時間受付中TEL.0120-63-5390
新着情報
2022年5月2日
【祝】創業60周年を迎えました

SDGsを応援しています KINKAN GROUPは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

当グループは滋賀県で活動する地域密着型の企業として地域と共に発展したいと考えています。その考えのもと、滋賀県のシンボルであり人々の生活を支えているびわ湖を守ることをテーマにCSR活動を続けてきました。滋賀県に根ざした活動を通して持続可能な社会の実現を目指していきます。

環境

森林整備

湖南市にある三雲生産森林組合の皆さまと「森林づくりパートナー協定」を結び、びわ湖の水源である森林の保全活動を行っています。当社は森林整備にかかる費用と労働力を提供し、一緒に森林整備活動を行っています。

CO2吸収証書

協定による森林整備の内容を毎年滋賀県庁森林政策課に報告し、滋賀県知事よりCO2吸収証書をいただいています。 2009年度から2019年度までの活動で合計632.24tのCO2が吸収されました。 (活動の様子や実績につきましては、滋賀県HPにてご確認ください)

ヨシ刈り

2010年10月より「ヨシでびわ湖を守るネットワーク」のメンバーとして、ヨシ刈りに参加しています。東近江市の伊庭内湖や近江八幡市の西の湖などのヨシを刈り、ヨシの水質浄化機能の向上とヨシの有効利用を推進しています。

外来魚駆除活動

びわ湖の生態系や在来種を守るため、ブラックバスやブルーギルなどの外来魚の駆除活動を行っています。東近江市の伊庭内湖にある能登川水車とカヌーランドで開催されている「外来魚駆除釣り大会」に毎年参加しています。

びわ湖を美しくする運動

毎年7月1日「びわ湖の日」に行われる「びわ湖を美しくする運動」に参加し、びわ湖周辺の清掃活動を行っています。

愛する地球のために約束する協定

キンカングループの本社である近畿環境保全株式会社では、2009年から地元の草津市と「愛する地球のために約束する協定」を結んでいます。温暖化防止や環境保全への取り組みを約束し、草津市に毎年報告しています。

太陽光発電

2014年8月より当社の洗車場施設に約12kwの太陽光パネルを設置し、太陽光発電を行っています。2020年度には13,821kWhを発電し、約4.3tのCO2を削減いたしました。

BDFプロジェクト

循環型社会を目指し、2006年度から廃植物油を回収しています。回収した廃植物油は豊郷町にある油藤商事株式会社にて精製されます。そして、作られたバイオディーゼル燃料(BDF)は地域のクリーンエネルギーとして利用されています。

ペットボトルのボトルtoボトルリサイクル

ペットボトルのボトルtoボトルリサイクル 使用済みペットボトルをペットボトルにリサイクルする「ボトルtoボトル」を推進しています。当社工場では、処理したペットボトルを「ボトルtoボトル」を行っているリサイクル工場へと出荷しています。

教育・福祉

環境学習

子どもたちにとって身近な課題であるゴミの分別やリサイクルについて学べる環境学習を実施しています。これまでに三上小学校や八日市養護学校など10校を訪問しました。次世代を担う子どもたちが環境に興味を持つきっかけや理解を深める学習の場を提供することで、環境保全の重要性を後世まで伝えていきます。

トップへページの
トップへ