おいしいお茶の淹れ方セミナー

2014年10月20日

10月15日にいつもお世話になっている糀谷社会保険労務士事務所さん主催の
おいしいお茶の淹れ方セミナーに参加してきました。

セミナーではまずお茶の製造方法を学び、それからお茶の種類や各お茶の淹れ方を教わりました。
お茶の収穫時期や製造過程でのちょっとした違いでお茶の種類は異なります。
それぞれのお茶で香りや味に特徴があり、それぞれに合ったお湯の温度、浸出時間を採用することで本当においしいお茶を淹れることができます。

今回のセミナーでは11種類のお茶が用意されていて、私たちのグループは、上級煎茶・下級煎茶・深むし煎茶・かぶせ茶・茎茶・紅茶・荒茶の7種類を淹れ、いただきました。
上級煎茶は、お茶の香りが口いっぱいに広がりとてもおいしいお茶でした。
やぶきたというちゅるいの日本茶から作られた紅茶は、渋みも少なく、砂糖を入れていないのにほんのり甘くておいしかったです。
そんな中、私の口に一番合っていたのが下級煎茶でした。
お茶の香りは当然上級煎茶には負けてしまうのですが、渋みや苦みが少なく、優しい味でとってもおいしかったです。
普段飲んでいるお茶に一番近いからかな?

淹れ方一つでお茶の味が大きく変わることがわかり、とても面白かったです。
これからお客様へお茶を出す際はもちろん、家庭でも実践していきたいと思いました。

野村 美沙


スタッフブログ トップ

お問い合わせ