滋賀・京都など近畿各県で、廃棄物処理・リサイクルのニーズにお応えします

回収のご依頼・お問い合わせはネットより24時間受付中TEL.0120-63-5390

最適なプランのご提案で皆様と共に環境配慮型の経営を目指してまいります。

現在、地球環境の保全と資源の有効利用の観点から廃棄物の処理方法が見直しが求められています。KINKANグループでは、分別不可能な廃棄物のゼロエミッションを実現いただくために効率的な廃棄物のリサイクルと埋め立てを行わないための分別を行っています。
また、KINKANグループでは電子マニフェストへの対応はもちろんのこと、GPS機能付きのETマニフェストシステムに対応しております。

積み合わせ回収プラン

多品種の廃棄物を有する企業様に最適なプランです。 積み合わせ回収プラン KINKANグループの「積み合わせ回収プラン」では、特に多品種の廃棄物を有する企業様に最適なプランです。大量の廃棄物を一度に運搬することが可能なので、運搬コストを大幅に削減することが可能です。皆様が出された廃棄物を品目ごとにマニフェストを発行いたしますので、効率的に廃棄物の管理とゼロエミッションを視野に入れた環境経営を実現していただけます。

個別同時回収

  • 多品種に分別された廃棄物をまとめて一度で回収できますので、多数の事業者に依頼する手間がかかりません。
  • 運搬コストの出ない有価物も同時に回収できますので、運搬コストの削減に最適です。
  • 大量の廃棄物を収集運搬できるように、廃棄物に適した容器を当グループにてご用意させていただけます。
  • 大量の廃棄物を運搬することにより、CO2とコストの大幅な削減が同時に実現できます。
  • 品目ごとにマニフェストの発行・計量を行いますので、同時に多品種の報告が可能です。

積み合わせ回収プラン導入事例

金属くずや廃プラスチック、木くず・古紙などを、これまで複数の業者に分けて処理していたA社の担当者様にご依頼をいただき、提案を行いました。 A社様の事業所には十分な廃棄物ストックスペースがなく、頻繁に業者に依頼をして引き取りに来てもらわなければならない点、さらに廃棄物の種類が多岐にわたるため、選別はもちろんマニフェストの管理に大きな手間を割かねばならない、とお伺いしていました。

積み合わせ回収プラン導入事例 そこで当グループではまず、現状行っていらっしゃる業者ごとの委託フロー、契約書・マニフェストの内容などを調査し、これを一本化するためのご提案をいたしました。これにより、排出される産業廃棄物の量に合わせた容器をご提供すると共に、多品種の廃棄物を一度に回収するプランをご依頼いただきました。

後日A社様より、「これまで事業所を占拠していた廃棄物がきれいに片付くようになって、スペースが広がったようだ」「廃棄物ごとにばらばらだったマニフェストを一元化できたため、管理の効率が向上した」と、お喜びの声をいただきました。 さらに、これまで不明確だった廃棄物再生率が、目に見える形で提示され驚いているとのご報告もいただいております。

小口定期回収プラン

廃棄物をストックしておく場所が少ないという皆様に最適なプランです。 小口定期回収プラン 廃棄物をストックしておく場所が少ないという皆様には、小口定期回収プランが最適です。
KINKANグループの運搬車両が、定期的にルートに沿ってお客様のもとへお伺いするため、毎回回収をご依頼していただく必要はありません。もちろん、ルート回収のため運搬コストも削減可能です。

小口定期回収プラン導入のメリット

  • 廃棄物の保管場所が少なく、すぐに廃棄物が一杯になるお客様に最適です。
  • 廃棄物をルート回収しますので、皆様の排出計画に合わせた収集運搬が可能です。
  • 定期的なルート回収なので、運搬コストと共にCO2の削減が可能ですので、リサイクルを始めたい皆様にも最適なプランです。
  • KINKANグループにて、2㎥コンテナ・フレコンバック等の最適な容器をご用意いたします。
  • 小ロットでの対応が可能ですので、廃棄物の量が少ない皆様に最適なプランです。

小口定期回収 新築ハウスメーカープラン

KINKANグループの「小口定期回収 ハウスメーカープラン」では、現場や営業で大忙しの新築ハウスメーカー様に最適なプランです。当グループの専任スタッフが、新築現場の廃棄物を丁寧に1件1件工程状況と共に管理を行いますので、効率的に業務を行っていただけます。
また、廃棄物の数量やリサイクルデータの管理報告も当グループで行えますので、環境経営を目指される企業様に最適です。もちろん、電子マニフェストにも対応していますので、IT化のメリットである「情報の共有」と「情報の効率化」を皆様に実感していただけます。

ゼロエミッションリサイクル

ゼロエミッションリサイクル達成を推進する4つのプラン 最適なプランのご提案で皆様と共に環境配慮型の経営を目指してまいります。現在、地球環境の保全と資源の有効利用の観点から廃棄物の処理方法が見直しが求められています。
KINKANグループでは、分別不可能な廃棄物のゼロエミッションを実現いただくために効率的な廃棄物のリサイクルと埋め立てを行わないための分別を行っています。当グループではセメントの原燃料化、固形燃料化(RPF)、サーマルリサイクル、バイオマスリサイクルなどを柱にお客様の廃棄物に対するニーズを汲み取り、最適なリサイクルプランをご提案させていただくことで皆様と共に環境配慮型の経営を目指してまいります。

マテリアルリサイクル

マテリアルリサイクル KINKANグループで推進するマテリアルリサイクル「セメントの原燃料化」では、単一セメント工場としては国内最大級である(株)トクヤマにて、廃プラスチック類を石炭の代替燃料として使用し、そのキルン内の残渣物もセメントの原料の一部としてマテリアルリサイクルされています。

固形燃料(RPF)によるサーマルリサイクル

サーマルリサイクル 廃プラスチック類、紙くず、繊維くずをプレスし、ベール化。提携しているRPF工場にて固形燃料化され、製紙会社のバイオマスボイラーにて利用されます。 また、当グループが提携しているRPF工場では、出荷先の製紙会社と非常に近距離にあることから、物流コストを最小限に抑えた消費地型リサイクルとして無理のない販売フローを実現しています。

廃棄物焼却による発電・熱源利用リサイクル

発電・熱源利用リサイクル 分別の困難な廃棄物、複合品は発電・熱源利用の可能なサーマルリサイクル施設にて焼却処理を行っています。 また、焼却の際に発生するエネルギーを回収・利用する事で、廃棄物の焼却熱を回収した廃棄物の選別の後の残渣処理にも利用することで、熱源としての再利用も行っています。

木材チップ利用によるバイオマスリサイクル

バイオマスリサイクル 分別の困難な廃棄物、複合品は発電・熱源利用の可能なサーマルリサイクル施設にて焼却処理を行っています。 また、焼却の際に発生するエネルギーを回収・利用する事で、廃棄物の焼却熱を回収した廃棄物の選別の後の残渣処理にも利用することで、熱源としての再利用も行っています。

電子マニフェスト

皆様に大きなメリットをご提供できる電子マニフェストの普及が推進しています。 平成20年度より「産業廃棄物管理表交付等状況報告書」を各都道府県知事等へ報告する制度が始まります。
この制度により報告事務処理の効率化と法令遵守(コンプライアンス)、データの透明性という点から、皆様に大きなメリットをご提供できる電子マニフェストの普及が進められています。KINKANグループではこの電子マニフェストへの対応はもちろんのこと、GPS機能付きのETマニフェストシステムも対応可能です。以下をご一読いただき、ぜひETマニフェスト導入をご依頼ください。

ETマニフェストシステムとは?

ETマニフェストは、インターネットを介して、マニフェストの入力から写真画像による処理管理、GPSデータによる運行管理ができるシステムです。
このほか、排出事業者が廃棄物の運搬、処理の状況などもパソコン上で確認可能。このシステムを導入することにより、お客様と当グループの間で廃棄物情報が共有できます。また、マニフェストの個別情報、報告期限、集計情報の管理に加え、マニフェストの登録・収集運搬終了・中間処理終了の各時点で通知メールが自動的に配信されるため、産業廃棄物処理の状況把握を迅速に行うことができます。

トップへページの
トップへ