HOME > グループ施設紹介 > 草津資源循環センター
グループ施設紹介

草津資源循環センター (アクセスマップ

草津資源循環センターでは、故紙や空き缶、発泡スチロール、ペットボトル等の資源物をリサイクルしています。
事業系一般廃棄物の可燃ごみ収集車のステーションとしても活躍している傍ら、リサイクル専用車輌も完備し、資源物を分別回収することにも力を入れています。

また、お客様のお持込みにも対応し、有価で買取しています。


  

ダンボール、新聞、雑紙(ミックスペーパー)、ペットボトルを分別回収しています。
資源循環センターではプレス機でそれぞれをベーラーにし、メーカーに引き取ってもらいます。


 

空き缶は磁選機によってアルミ缶とスチール缶に自動選別され、プレスされます。プレスされたアルミ、スチールはそれぞれメーカーに引き取ってもらい、再生利用されます。


 

商品の梱包材などに使われている発泡スチロールをインゴットにしています。
溶融された発泡スチロールは質の高いプラスチック原料として再利用されます。


2006年から、当社も廃植物油を回収しています。廃植物油から精製されたバイオディーゼル燃料(BDF)を収集運搬車輌に使用しています。たくさんのお客様のご協力により、廃植物油回収を行っています。
2008年から「おごと温泉組合」様に協力していただき、地域と企業、そして環境をつなぐ取組みに発展しています。
効率的な回収活動により、CO2削減ができ、さらに地域の活性化にも寄与しています。
2009年から新たなBDFプロジェクトとして「西日本高速道路メンテナンス関西」様にも協力していただいております。



廃植物油のリサイクルについては、「廃植物油からバイオ燃料へ」をご覧ください。



グループ施設紹介
お気軽にお問い合わせください KINKAN GROUP 近畿環境保全株式会社 本社 滋賀県草津市青地町196番地 Tel:0948-77-7288 Fax:0748-77-7299

お問い合わせ 近畿環境保全(株) と (株)湖南リサイクルセンターでは、環境マネジメントシステム推進の一環として、ISO14001の認証を取得しております。 (株)湖南リサイクルセンターでは、社内で使用する電力の一部をグリーン電力でまかなっています。 みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6% URL:http://www.kin-kan.co.jp E-mail:info@kin-kan.co.jp 産業廃棄物処理ソリューション 近畿環境保全グループ(滋賀・京都・大阪)