HOME > CO2削減の取り組み > 廃植物油からバイオ燃料へ
CO2削減の取り組み

廃植物油からバイオ燃料へ

バイオディーゼル燃料による循環型社会の形成へ

化石燃料といわれる石油・ガソリンなどは、地中にCO2をとどめています。そのため、これを燃やしてしまうと、大気中のCO2は増大してしまいます。
これに対して、地上で生成する植物から作られたバイオ燃料は、もともと植物が大気中から得たCO2を使うため、大気中のCO2の総排出量を増加させないというメリットがあります。


KINKANグループでは、この植物から生成されるバイオ燃料に着目し、廃植物油からのバイオ燃料の精製を行っています。廃棄物処理・再資源化の流れと併せて、環境に配慮したバイオ燃料の使用を推進すると共に、より地球環境にやさしい環境経営を目指し皆様と共に歩んでまいります。

バイオ燃料とは?

バイオ燃料とは、サトウキビ、トウモロコシ、食用油、木材、糞尿などが持つエネルギーから作られるアルコール燃料の総称です。
カーボンニュートラル(人為的な行動を取ったときに排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素の量が同等であると言う考え)から、二酸化炭素の総排出量を増やさない燃料ですので、重油、石炭などの化石燃料を燃焼させた場合のように排出されるCO2を増大させないため、地球温暖化対策として有効なので、近年において環境に優しい燃料として注目されています。

廃植物油回収で形成する循環型社会

KINKANグループでは、用途に応じた廃棄物の運搬車両を用意し効率的な回収方法を提案することにより、コスト・CO2の削減を行っています。

廃植物油回収のフロー図

負荷をかけないキンカングループのバイオ燃料

KINKANグループでは、お客様から回収した廃植物油を協力会社である「油藤商事株式会社」に持ち込み、バイオディーゼル燃料へと精製しています。 さらにその燃料を廃棄物回収車両に使用することにより、CO2の削減、地球温暖化防止に努めています。 現在、サトウキビやトウモロコシなどの食料から燃料を作ることが問題視されている中、当グループでは不要になった廃植物油からできるバイオディーゼル燃料を使用することにより、人間社会、地球環境に負荷を掛けない燃料の使用を実現しています。

地球一周プロジェクト「バイオディーゼルアドベンチャー」

KINKANグループでは、バイオディーゼル燃料での地球一周プロジェクトを応援しています。 地球一周プロジェクト「バイオディーゼルアドベンチャー」とは、世界各地の人々との交流・協力により廃食用油を回収し、ガソリンスタンドに頼らず手作りの燃料(BDF)を移動先で作りながら、1台のクルマを走らせ、世界を一周することにより、地球の未来にむけて個人や地域の協力によってできる可能性の一端を、冒険の楽しさとともに強く発信していこうという企画です。

地球一周プロジェクトの特徴

  • 世界各地でできるだけ廃食油のみを回収して自分の車で燃料を作りながら走る
  • バイオディーゼル燃料の可能性の探求と優れた小型プラントの実験
  • 各地で色々な方達と交流し、環境にやさしいエネルギーや暮らしについて情報交換をしていく
  • 出あった方達に地球の未来や夢についてメッセージを書いてもらいメッセージを運ぶ
  • クルマに入る世界最小のBDFプラントの実験
  • 世界のBDFや新エネルギー事情を発信していく
地球一周プロジェクト「バイオディーゼルアドベンチャー」
応援してます!地球一周プロジェクト
バイオディーゼルカー地球旅行記
「バイオディーゼルアドベンチャー」プロジェクト代表である山田 周生さんのblogです。
Shusei's Blog - バイオディーゼルカー地球旅行記
CO2削減の取り組み
お気軽にお問い合わせください KINKAN GROUP 近畿環境保全株式会社 本社 滋賀県草津市青地町196番地 Tel:0948-77-7288 Fax:0748-77-7299

お問い合わせ 近畿環境保全(株) と (株)湖南リサイクルセンターでは、環境マネジメントシステム推進の一環として、ISO14001の認証を取得しております。 (株)湖南リサイクルセンターでは、社内で使用する電力の一部をグリーン電力でまかなっています。 みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6% URL:http://www.kin-kan.co.jp E-mail:info@kin-kan.co.jp 産業廃棄物処理ソリューション 近畿環境保全グループ(滋賀・京都・大阪)